忍者ブログ
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
hospi-tarumi
性別:
女性
職業:
Medical*coach
趣味:
茶道
自己紹介:
2000年より、NLP(神経言語プログラミング)を学び、まずは、自分を鬱から救出!心の状態がすべてを創造していることに気づく。その後、大学院でマスター論文を完成。そのご縁で、2004より3年間にわたって、保健事業、国保ヘルスアップモデル事業にリードコーチとして参画。すこやかな心とからだ作りをサポート!
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]
http://nlpmedical.blog.shinobi.jp/
NLPは神経言語プログラミング、潜在意識にアプローチして、瞬時にハートをつなぎます。 医療現場でこそ活用してほしい、コミュニケーションです。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日 今年に入って初めての心の教室が行われました。
F1000098.jpg 

      テーマは、運のいい人の秘密~


         お正月にふさわしい内容で、おこしの方も今年はいい年にしたいという


         願いが込められていたようです。


                                  運のいい人はいつもいい~


いい感じで暮らしているのではないか?


みなさんに運のいい時の事を分かち合っていただきました。

分かち合う~ってとてもいいことですよね*

何でも一人でしないといけないと思っていると

しんどくなってしまいますが、誰かに聞いたり、誰かに相談したり

意見を取り入れたり~そうすると知恵がいっぱい出てきます~


そうですよね~
これしかないと思うともう失敗できないとか、

選択肢がないってことは自由度が低いってことですね~


たくさんの中から選べるというのは

余裕があっていいですね~


これがだめでもあれがある~


他の人も応援してくれているってわかったら、本当に心強いです!


人とのつながり~たくさんの応援団がいるってことは


運のいい人の  秘密なのかもしれません~ね
 


2ca2e845.jpg


拍手[1回]

PR

今年の2月より、奈良県香芝市の保健センターで、

月一回の割合で、市民の方々を対象に、コーチングコミュニケーションをベースにした

心の教室が開催されています。 


最初は、参加者も6名でしたが、少しずつ人数も増えて、20名~30名になりました。

テーマは、いつも違いますが、心を開いて話すことで、つながりが生まれます。


そうするとみなさんどうしたことか、初めて参加なさった方も、本当に古くからのお知り合いのように

どんどんお話をなさいます。

話すと、心は軽くなるのですね~ 話すは、放す 離す にも通じるかもしれません。

一人で悩むより、共感してもらい、勇気をもらい、そしてあなたのことも私のことも

みんな同じ~ そんな気分になると あらあら不思議***

みんな笑顔で お帰りになります~


そのお顔が見たくて・・・

そんな皆さんと一緒にいたくて・・・

6月も 23日に 心の教室は 開講します!

テーマは、感謝  さてどんな 出会いやお話やつながりができるのでしょうか?


楽しみ楽しみ ♪~

拍手[2回]

1月22日は財団法人奈良県栄養士会さんで

コーチングコミュケーションをテーマにお話させていただきました。

参加者は県下の栄養士さん46名!たくさんの方にご参加いただきとてもうれしかったです。

でも開始時にアクシデントがあって

どうも列車にトラブルがあったようで、

開始時間に間に合わない方がおいででした。何が起きているのかしら?

少々不安になりましたが、

後半が始まったころからだんだん皆さんの心がほぐれてきたようで安心しました。


テーマは、コーチングコミュニケーション!

NLP神経言語プログラミングをベースにしたコーチングです。

個人の目標がかなったときのうれしい気持ちをコーチとクライアントが

共有しながら、ゴールを目指してスタートします。

皆様方にはご自身のゴールについて話していただき、

人には無限の可能性があるから、その可能性を生かしたらどんな子tが出来るのかを

コーチとクライアントに分かれてお話していただきました。

夢がかなうというのは、楽しくてうれしいことですから、

皆さんのエネルギーもどんどん上がって、

最後は皆さん元気になってお帰りになりました。

よかった~


医療の現場で働く方こそ、元気でないと・・・ね~

患者さんや家族の方、皆さんに元気になっていただくためには、

現場の方こそ、元気で健康! これが一番 大切です!!!


拍手[0回]

先日、2010年11月9日 奈良県県長主催の

新任保健師のための コーチングコミュニケーションセミナーで

お話させていただきました。


3時間の内容は、コミュニケーションの内訳 メラビアンの法則

      言葉は言いたい事の7%です。

      あとの93%は非言語です~    と言うくだりです。

 私たちは本当に多くのメッセージを  非言語で 表現しているのですね。 


その後みなで、もし 無間の可能性があったら何をするか?  なにがしたいか?   

            について、たがいにコーチングをしました。


最後にはデモンストレーションでコーチングの実践~


 参加者の一人の方に登場いただき、皆さんの前でコーチングしました。  

 なんだか、何をやってもすっきりしない。その感じを感じてもらおうとしても、

 感情が感じられない様で やっぱり今も何だかスッキリしない。

 その感じをどこで感じてるのか?どんな感じなのか?

 サブモダリティーで聴いてもらいました。サブモダリティーは感じを色や、大きさや、動きや

 質感、重さなどで表現してもらうものです。
 
 聞いてみると、胸の辺りが 何だか、もやもや~いい感じです・・・感じることが出来たのです。

 いま  ここ  出なにが起きていて 何が必要 か~   

 感じること  共感する事 これがもっとも大切

 
人は感心してもうごかない   感動しないと  動かない  のです~ 

    そんな事を実感して頂けたらうれしいです


保健師さんのたまごたち  これから市民の皆様の 御話を聴き心の声を聴き~

  良き良き 相談  対話を行って頂きたいです

拍手[0回]

2010年8月6日 香芝市保健センター主催の

支援が必要な子供たちを支えるコーチングコミュニケーション!が

おこなわれました。

参加者は保育所、幼稚園、小学校の先生、保健師、看護師の皆さんです。


昨年も好評をいただいたので今年もお声をかけていただきました。

もっとも皆さんが関心を寄せたのは、自閉症や発達障害のお子さんたちへのアプローチです。

彼らをサポートするのに一番大切なのは、

NLPでいう、キャリブレーションです。

非言語で行われているコミュニケーションを感じ取るということです。

これらの変化は無意識かで行われています。

その変化を感じ取る。微妙な変化も見逃さない。


それらを感じ取るには繊細な感性が必要です。

それらは訓練でもある程度キャッチできますが、

キャッチしよう。彼らと共にいようという意識がもっとも大切です。

皆様そこを感じていただいたのではないかと思います。


共にいる~ 自愛にあふれた 場 にいる~ということが

不可能なことも可能にしてくれる~ 

そのベースにあるのは、 愛  なんですね* (^_-)-☆






 

拍手[3回]

"hospi-tarumi" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.